瀬奈 じゅん

メッセージを送る お気に入り

瀬奈 じゅん 写真

プロフィール

  • 生年月日1974年(昭和49年)4月1日
  • 出身地東京都
  • サイズ168cm 靴24cm
  • 血液型AB型
  • 学歴1992年 宝塚音楽学校卒業、宝塚歌劇団入団
3歳からクラシックバレエを始め、高校1年の時宝塚歌劇団への入団を決意。1992年、『この恋は雲の涯まで』で初舞台をふむ。早い時期からその素質は注目され、2005年、『JAZZYな妖精たち/REVUE OF DREAMS』で月組トップスターとなる。宝塚版『エリザベート』で、ルキーニ、エリザベート、トート、と他では考えられない3役を制覇するなど、様々な色を持つトップスターとして絶大な人気を集める。2009年12月、『ラスト プレイ/Heat on Beat!』で宝塚歌劇団を退団。2010年、女優として望んだ『エリザベート』そして『アンナ・カレーニナ』で、瀬奈じゅんならではのタイトルロールを魅せる一方、コンサート『ALive』('10年)、『ALive 2』('11年)ではエンターティナーとしてのきらめきを存分に発揮。女優でありエンターテイナーである瀬奈の更なる活躍を予感させる。

主な出演作:舞台(宝塚在団時)/『グレート・ギャツビー』『ME AND MY GIRL』『あかねさす紫の花』『二都物語』『風と共に去りぬ』『マノン』、他。

瀬奈じゅんコンサートグッズ販売中!
※数に限りがございます。



公認サイトはこちら











東京公演は【東宝ナビザーブ】で3月19日(日)午前10時より先行販売を行います。
(【東宝ナビザーブ】を利用の際は会員登録が必要です)
パソコン
モバイル

その他お取扱いプレイガイド
チケットぴあ (PC・モバイル共通)
 〈前売開始日特電話〉0570-02-9940 (音声自動対応 Pコード不要)
 〈3/26以降〉0570-02-9999(音声自動対応 Pコード:456-386)
・e+(イープラス)インターネット販売で承ります。
・ローソンチケット
 〈発売開始日特電〉0570-084-635(音声自動応答)
 〈3/26以降〉0570-000-407(オペレーター対応)
・CNプレイガイド
 〈発売開始特電〉0570-08-9933(音声自動応答)
 〈3/26以降〉0570-08-9999(オペレーター対応)
・セブンチケット

スケジュール

  • 2017/2/9(木)~3/5(日)『クリエ・ミュージカル・コレクション3』@シアタークリエ(東京)
  • 2017/4/2(日)~23(日)『エジソン最後の発明』@シアタートラム(東京)
  • 2017/5/1(月)『エジソン最後の発明』@青少年文化センター アートピアホール(名古屋)
  • 2017/5/2(火)、3(水)『エジソン最後の発明』@サンケイホールブリーゼ(大阪)
  • 2017/6/23(金)~25(日)Jun Sena 25th anniversary concert@日比谷シアタークリエ
  • 2017/7/1(土)~2(日)Jun Sena 25th anniversary concert@宝塚バウホール(予定)
  • 2017/8/11(金)~9/3(日)『ヤングフランケンシュタイン』@東京国際フォーラム ホールC
  • 2017/9/7(木)~9/10(日)『ヤングフランケンシュタイン』@オリックス劇場(大阪)
  • 2017/4/18(火)DVD「エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート」

芸歴

hyousyou

■2012年
・菊田一夫演劇賞 演劇賞受賞
・岩谷時子賞 奨励賞

butai

■2016年
・『貴婦人の訪問』
・『瀬奈じゅんLive 2016』
・『フランス大使館主催コンサート』
・宝塚歌劇団『ME AND MY GIRL』前夜祭ゲスト出演
・ミュージカル『貴婦人の訪問』
・J:COM×フジテレビTOW present 「宝塚ドリームツアーズ スペシャルコンサート」

■2015年
・『CUBE三銃士MONSTERS CONCERT』
・『ラヴ・レターズ〜2015 25th Anniversary〜』
・『ア・フュー・グッドメン』

■2014年
・『クリエ・ミュージカルコレクション』<シアタークリエ>
・『今度は愛妻家』<4月 東京芸術劇場シアターウエスト、青少年文化センターアートピアホール、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール>
・『シスターアクト〜天使にラブソングを〜』
・『岩谷時子メモリアルコンサート』
・『瀬奈じゅんトークショー』

■2013年
・音楽朗読劇『イキヌクキセキ』東京グローブ座
・瀬奈じゅんコンサート『ALive Final 〜Handsome Woman〜』<8月 東京国際フォーラムCホール、サンケイホールブリーゼ >
・ミュージカル『エニシング・ゴーズ』<10月 帝国劇場、11月 梅田芸術劇場メインホール>

■2012年
・ ミュージカル『エリザベート』

■2012年
・『ラストダンス〜the musical 越路吹雪〜』
・『ビューティフル・サンデイ』 <2月〜3月 ル テアトル銀座、シアターBRAVA!、アートピアホール、兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
・『M.クンツェ&S.リーヴァイの世界 〜2nd Season〜』 <3月 東京国際フォーラム Cホール>

■2011年
・『アンナ・カレーニナ』 <1月〜3月 シアタークリエ、りゅーとぴあ、兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール、中日劇場、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ>
・瀬奈じゅんコンサート『ALive 2 〜Handsome Woman〜』 <4月 赤坂ACTシアター、NHK大阪ホール>
・『三銃士』 <7〜8月 帝国劇場、9月 博多座>
・『ニューヨークに行きたい!!』 <10月 帝国劇場、梅田芸術劇場 メインホール>
・ 瀬奈じゅんディナーショー <12月 東京/帝国ホテル、大阪/ホテル阪急インターナショナル、神戸/ポートピアホテル> 

■2010年
・瀬奈じゅんコンサート『ALive 〜Handsome Woman〜』 <5月 赤坂ACTシアター、NHK大阪ホール>
・『エリザベート』 <8月〜1月 帝国劇場>
・『アンナ・カレーニナ』 <12月 シアタークリエ>


[宝塚歌劇団在団時の主な作品]
■2009年
・『エリザベート』(トート)  <宝塚大劇場、東京宝塚劇場>
・ディナーショー「0 –ZERO-」 <ホテル阪急インターナショナル、ホテルグランドパレス>

■2008年
・『ME AND MY GIRL』 (ビル) <宝塚大劇場、東京宝塚劇場>
・『グレート・ギャツビー』(ジェイ・ギャツビー)
・『夢の浮橋』(匂宮)、『Apasionado!!』<宝塚大劇場、東京宝塚劇場>

■2007年
・ディナーショー「EL VIENTO」 <パレスホテル、ホテル阪急インターナショナル>
・『MAHOROBA』(ヤマトタケル)、『マジシャンの憂鬱』(シャンドール) <宝塚大劇場、東京宝塚劇場>

■2006年
・『あかねさす紫の花』(大海人皇子)、『REVUE OF DREAMS』 <中日劇場>
・『ベルサイユのばら −オスカル編−』(アンドレ)〜雪組特別出演〜 <宝塚大劇場>

■2005年
・『エリザベート』(エリザベート) <宝塚大劇場、東京宝塚劇場>
・『Ernest in Love』(アーネスト) <梅田芸術劇場>
・『JAZZYな妖精たち』(パトリック・ゲール)、『REVUE OF DREAMS』<宝塚大劇場、東京宝塚劇場>

■2004年
・コンサート『SENA!』 <日本青年館、愛知厚生年金会館、大阪NHKホール>

■2003年
・『二都物語』(シドニー・カートン) <宝塚バウホール、日本青年館>

■2002年
・『風と共に去りぬ』(スカーレット・オハラ) <日生劇場>
・『あかねさす紫の花』(大海人皇子)、『Cocktail』 <博多座>
・『エリザベート』(ルイジ・ルキーニ) <宝塚大劇場、東京宝塚劇場>

■2001年
・ディナーショー「VIRTUAL GUY!」 <ホテルグランドパレス、宝塚ホテル>
・『マノン』(ロドリゴ) <宝塚バウホール、日本青年館>

■2000年
・『ルートヴィヒII世』(オットー)、『Asian Sunrise』 (宝塚大劇場)
・『源氏物語 あさきゆめみし』(夕霧)、『ザ・ビューティーズ!』(宝塚大劇場、1000days劇場)

■1999年
・『冬物語』(藤川伊左衛門) <宝塚バウホール>

■1998年
・『SPEAKEASY』(ダグラス/新人公演・マクフィス)、『スナイパー』 <宝塚大劇場、1000days劇場>

■1993年
※花組に配属
・『メランコリック・ジゴロ』、『ラ・ノーバ!』 <宝塚大劇場、東京宝塚劇場>

■1992年
※宝塚歌劇団に入団
・『この恋は雲の涯まで』 <宝塚大劇場>

tv

■2016年
フジテレビONE TWO NEXT 『宝塚ドリームツアーズ』

■2015年
宝塚スカイステージ 「梅芸ナビ」#44

■2014年
WOWOW 「日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 池井戸潤原作『株価暴落』全5話 二戸奈月役 」

■2014年
テレビ朝日 『科捜研の女』

■2013年
『女優麗子〜炎のように〜』浅丘ルリ子役

ギャラリー