上白石萌歌 ミュージカル「魔女の宅急便」キキ役で出演決定!

2017.02.11

写真1

上白石萌歌が6月より上演されますミュージカル「魔女の宅急便」の主人公・キキ役を務めることが発表されました。

 原作「魔女の宅急便」は児童文学作家・角野栄子氏が1982年から27年間に渡り執筆した全6巻の児童書です。1989年にスタジオジブリが宮崎駿監督でアニメーション映画化し大ヒット。1993年~1996年には蜷川幸雄氏演出によりミュージカル化されました。2014年には実写映画化、そして2016年にはイギリスにて舞台化されました。今なお色あせない「魔女の宅急便」が若手新進気鋭の制作チームにより、新しいミュージカル版として制作されます。

キキ役を演じるにあたり、萌歌は 「スタジオジブリで映画化されたときに初めて知りましたが、とても空気感の好きな作品です。 キキの新しく住むことになった街の鮮やかなタッチであったり、壮大な自然の美しさにうっとりしてしまいます! ちなみに1番好きなシーンは、キキが満月の夜に旅立つシーンです。 わたしまでドキドキしてしまいました! 1人の女の子が悩みながら成長していく姿にとても勇気をもらえる、背中を押してくれるような作品だと思います」と語りました。また自身とキキの共通点について「独り立ちをする、という意味では今の自分に少し似ているような気がします。わたしも今16歳で、キキと同じように日々悩みながら一歩ずつ大人に近づいていけるように努力しているところです。 キキという女の子としっかり向き合って自由におてんばに、そして舞台の上で一緒に成長していけたらいいなと思います!」と意気込みを語りました!

ミュージカル「魔女の宅急便」は
 6月1日(木)〜4日(日)に東京・新国立劇場、8月31日(木)〜9月3日(日)に大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上映されます。

みなさま、ぜひ劇場に足をお運び下さい!

(2017/2/10)