石井一彰+七瀬公 舞台「あさひなぐ」東京・都立富士高校で行われた新入生歓迎会にサプライズ登場!!

2017.04.09

写真1

薙刀(なぎなた)がテーマの舞台「あさひなぐ」(5月20日から東京・六本木EXシアターで上演)のPRを兼ねて、8日、原作のモデルとなった東京・都立富士高校で行われた新入生歓迎会に、乃木坂46の齋藤飛鳥さん、生駒里奈さん、新内眞衣さん、井上小百合さんと共に、サプライズで登場しました。
齋藤さんらは同校の薙刀部員たちとともに、道着姿で演舞“リズム薙刀”を披露し、司会進行を務めた石井一彰と七瀬公もトークに加わり、会場の高校生たちを大いに沸かせました。
 舞台「あさひなぐ」は「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の、薙刀をテーマとしたこざき亜衣さんの人気マンガが原作。同校の薙刀部は、齋藤さんが演じる主人公・東島旭が通う二ツ坂高校薙刀部のモデルで、この日は、新入生に向けての薙刀部の紹介の最中にサプライズで登場しました。
イベント後に行われた会見で、リズム薙刀を見ての感想を聞かれた石井は、「時間のない中で完成度の高いパフォーマンスを見せた乃木坂のみなさんの、ポテンシャルの高さを感じまくりました!!」と大絶賛。七瀬は「おいでシャンプー」薙刀バージョンのMVを出してほしい、とリクエストしました。
原作マンガでは、中学まで美術部だった旭が二ツ坂高校薙刀部に入部し、強くなるため練習に励む姿が描かれています。舞台版では、旭が井上さん演じる同じ薙刀部員の八十村将子や新内さん演じる紺野さくららと、鬼の尼僧・寿慶(真琴つばささん)の下での夏合宿や、合宿後の新人戦、新たな監督のもとでの特訓に励む姿なども描かれます。石井一彰は、薙刀部の顧問である教師小林先生役、七瀬は主人公・旭と“ほのか”な関係になる薙刀経験者の宮路夏之役として出演。また、東宝芸能からほかに、白勢未生が部員たちの食事の世話を担当する尼僧の郁林役、小山雲母が旭とライバル校の関係である薙刀部のフォロー役に回る、三枚目の三須英子役で出演します。
また、同作は東宝初の舞台と映画の連動プロジェクト。舞台と映画、両方見て頂くことで、より一層同作の世界観が伝わること間違いなしの内容となっています。 舞台は、5月20~31日に東京・EXシアター六本木、6月2~5日に大阪・森ノ宮ピロティホール、6月9~11日に名古屋・愛知県芸術劇場大ホールで上演。映画は今秋公開予定です!

どうぞご注目ください!!
(2017/04/08)