戸井勝海 ブロードウェイミュージカル「フロッグとトード」の稽古場記者会見を実施!

2017.07.18

写真1

戸井勝海が出演するブロードウェイミュージカル「フロッグとトード」の記者会見が行われました。
戸井は「2007年に公演された初演の公演をみており、見るのは本当に楽しいミュージカルではありますが、演じるのは大変そうだなと思っていた舞台。10年経った今、自分が出る側になるとは思っていませんでした。芸達者なメンバーの中に唯一の新メンバーとして加盟させていただき、毎日楽しんで稽古に臨んでいます」と出演の喜びを話しました。

同公演の原作である「ふたりはともだち」は日本でも高い人気を持つ良質の児童文学書として評価され、国語の教科書にも採用されている広く知られているお話です。かえる君(鈴木壮麻さん)とがま君(川平慈英さん)が冬眠から起きてまた冬眠するまでの1年間の物語になっています。戸井自身も初の通し稽古後に自然と涙が流れてくるような感動する素晴らしい作品に出来上がっていると大絶賛!「セリフや人間関係を通して、自分の普段を振り返り、もっとちゃんとしなくてはとか人にやさしくしなくてはと思わせてくれる作品になっています。」と話しました。

ブロードウェイミュージカル「フロッグとトード」は7月23日(日)の志木公演から始まり、東京、大阪、埼玉にて公演が行われます。

「できればこの世界に住みたい!」と戸井が絶賛するかえる君とがま君の世界、ぜひ遊びにきてください!