長澤まさみ 映画『散歩する侵略者』スペシャルトークイベントに登壇!

2017.09.16

写真1

昨日都内にて、映画『散歩する侵略者』主演の長澤まさみ、そして黒沢清監督と映画監督/映画評論家の樋口尚文さん、MCに映画評論家:松崎健夫さんを迎え、スペシャルトークイベントが行われました。

まず始めに黒沢組初参加について聞かれると、長澤は「黒沢組は、油断していると撮影がどんどん進んで終わってしまっているという現場でしたので、そのペースに負けないように準備してお芝居をしていく、そのプレッシャーの日々でした。」とコメント。
また「今回の役は、松田龍平さん演じる夫の“真治”に対して常に不機嫌で、でも「しょうがいないな」と言いながら全てを受け入れていく役でしたが、どういう役作りをされたんでしょうか」という質問に、「役作りは、テストでやってみた芝居が活かされる場合もあれば、その時に監督から指示を頂いた時もあったんですが、“鳴海”という役は、女性のあるあるが詰まっている役で、怒ってはいますが、結局相手に尽くしている姿を見ていると、理想の女性なのかなと思いました。」と女性ならではの見方をコメント。併せて「夫婦の冷めた関係から相手を受けていれてくのはなぜかというのを、演じながら考えたりしましたか?」という質問には、「夫婦という関係は、二人いたらどちらかが後ろという構図がない限り、平等にうまくやっていくというのは難しいのかなと思いました。平等だからといって、横に並んで一緒に進もうとするとうまく進めなくなるものなのかなって思ったところが、受け入れるっていうことと近いのかなと思いました。」とコメントしました。
この後も長澤、黒沢監督、樋口さん、MC松崎さんと映画を観た後ならではのトークで盛り上がり、イベントの最後に長澤は、「この作品に出逢えて本当に良かったなと、本当に幸運だったなと思いました。本当に良い映画だと思いますので、たくさんの方に観ていただきたいですし、これからも残っていく映画だと思います。」と挨拶しました。そして黒沢監督は「長澤さんが演じた役は愛というものがほとんどなくなっているところからスタートして、それを最後には愛を掴んだと同時に手放すという、本当に難しい、且つ途方もない役でした。この幅のある役を完璧に演じていただいて、また長澤さんのこの映画の一番最後の顔、一番大事なものを手放した瞬間を撮れただけでも、この映画を作った甲斐があったと思いました。人に伝えるには難しい映画ですが、ぜひたくさんの方にこの映画を伝えていただけると嬉しいです」と挨拶されました。

9/9に公開を迎え、本作を観たお客様より「ジャンルの枠を超えたエンターテインメント」、「泣ける!」、「こういう映画が観たかった!」といった声が多数SNS等で寄せられています。
映画『散歩する侵略者』は絶賛公開中!ぜひ劇場へご覧ください。


(2017/9/15)

写真2