上白石萌音 LIVE TOUR 2017「and…」大阪公演レポート!

2017.11.13

写真1

今年7月にリリースした1stオリジナルアルバム「and…」を引っさげ上白石萌音がワンマンライブLIVE TOUE 2017「and…」大阪公演を11/10(金)BIGCATにて実施、アンコール含め17曲を圧倒的な歌唱力で歌いあげました。
上白石は今年、邦楽最大の野外ロックフェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVVAL 2017」に初出演を果たし、更に年末の「COUNTDOWN JAPAN 17/18」にも出演が決定!女優としても現在絶賛放送中、TBS日曜劇場「陸王」にも出演中、卓越した演技力と歌唱力で注目を集めています。
満席の会場の中、ライブ前半では、秦基博プロデュース「告白」、プライベートでも親交のある藤原さくらとの共作「きみに」を熱唱し、また中盤ではタイムスリップコーナーと称して、松田聖子「赤いスイートピー」、山口百恵「秋桜」等名曲を透明な歌声で歌いあげました。そして上白石自身も出演した大ヒット映画『君の名は。』より、RADWIMPSの「なんでもないや(movie ver.)」を歌うと、「(本曲は)日々になくてはならない楽曲となりました。公開してから1年も経つのにこんなに愛していただき、作品に携われて、心から嬉しかったです。」とコメント。その後も、オリジナルアルバム「and…」から、「カセットテープ」、「Sunny」、「ストリートボード」等を披露。「カセットテープ」では、上白石本人がデザインしたタオルでお客さんと一緒に盛り上がる上白石のライブでは初のタオルまわしが実施され、会場の一体感を高めました。
ライブの最後には、「物心がついた頃から歌がそばにあり、歌うことが呼吸することと同じことでした。幼い頃は自分のための歌だったのが、今は人に届けたいと思い、それはみなさんに教えてもらいました。みなさんがいるから歌い続けられます。」とファンの皆様へ感謝の気持ちを述べ、今後の活動についても“上白石復習コーナー”としてトークが展開され、「「陸王」観てくれてますかー? ああいう子(茜役)がいると良いなぁと観ている方たちから思ってくれると良いなと思っています!ここから涙ちょちょぎれるから!(笑)」と今後のドラマの展開を少し覗かせるコメントをし、また12/16(土)公開『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』や来年2018年3/17(土)公開『ちはやふる―結び―』、そして年末の「COUNTDOWN JAPAN 17/18」出演も告知し、「これから女優として、歌手として、がんばります!」と今後の活動についての意気込みをコメントしました。

ツアー最終日は11/18(土)@赤坂BLITZを予定しています!
みなさま、ぜひお越しくださいませ!

写真2