長澤まさみ 第9回TAMA映画賞 授賞式に登壇!!

2017.11.18

写真1

昨日都内にて第9回TAMA映画賞授賞式が行われ、
長澤まさみが主演した『散歩する侵略者』にて、
長澤が最優秀主演女優賞を受賞、また最優秀作品賞を受賞しました。

授賞式に登壇した長澤は、
「こんな素敵な賞を受賞できてうれしい気持ちでいっぱいです。この賞を頂けたことで今後の自分の励みになり、まだまだこの先お仕事を頑張っていきたいなという気持ちが強くなりました。これからも頑張ります。」とコメント。本作上映後すぐの授賞式ともあり、大きな拍手に包まれました。

またこの映画に出演し「母性だけでは言いきれない、人間として大切しなければいけない愛というものについてとても考えさせられ、この映画からいろいろなことを学びました。」とコメントし、
最後今後の目標について「今までの積み重ねがこの先に繋がればいいなと思っています。見てくださるお客さんにとって価値のあるものだと思ってもらえるような作品に携わっていきたいと思います。」とコメントしました。

来年は2018年1月20日(土)公開『嘘を愛する女』(中江和仁監督)や、2018年6月1日(金)公開『50回目のファーストキス』(福田雄一監督)、そして2019年公開『マスカレード・ホテル』(鈴木雅之監督)の公開も控えています。ぜひ皆様お楽しみに!


(2017/11/18)