浜辺美波、主演連続ドラマ「賭ケグルイ」舞台挨拶に登壇!

2018.01.09

写真1

シリーズ累計370万部突破の人気コミックを実写ドラマ化したMBS/TBSの連続ドラマ「賭ケグルイ」の先行上映舞台挨拶が8日都内で行われ、主演の浜辺美波が共演の高杉真宙さん、森川葵さんと参加しました。

ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める私立百花王学園を舞台に、転校してきた謎多きギャンブル狂の美少女・蛇喰夢子(浜辺)が、生徒たちと極限の心理バトルを繰り広げるストーリー。

原作をすでに読んでいた浜辺は「オファーしていただけたことに驚き。ギャップのある女の子の役なので、演じるのが楽しみでした」と抜擢を喜び「賭け狂う時の顔も皆さんが振り切れたように演じられていたので、自分もできる限り顔芸を含めてやり切りました。なので撮影中はモニターを見ないようにしました。自分の思っていた以上の酷い顔をモニターで見てしまったら、それから先は抑え込んでしまって精一杯できないと思ったからです」と熱演を報告しました。

英勉監督からは「毎シーンMAXを出してくれればいい感じになる」とアドバイスを頂き、浜辺は「監督は現場でも私たちの演技を見て笑いだしたり、温かい現場で凄くやりやすかった。最初は監督が笑いだすと、驚いてセリフが飛んでしまうこともあったけれど、それに慣れるにつれて、笑いを現場の盛り上がりと感じられるようになり、とてもいい現場だと思いました」と撮影を振り返りました。

ドラマの内容にちなんで「イチかバチかの賭け」を聞かれると「美容室に行って美容師さんと話をするのが苦手。新しい美容室に行って新しい美容師さんに切ってもらうのが毎回イチかバチかの賭け」と照れながら「私のコミュニケーション不足で前髪が短くなりすぎたりするので…美容室に行くときは毎回賭けだと思ってドキドキします」と失敗談で笑いを誘いました。

同ドラマはMBSでは1月14日(日)24:50から、TBSでは1月16日(火)25:28からスタートです。ぜひご注目ください!

(2018/1/8)