瀬奈じゅんからのご報告

2018.02.26

この度、私たち夫婦が、特別養子縁組制度により子供を授かった事。
そして、家庭裁判所への申し立てが受理され、晴れて私たち夫婦の実子として入籍に至った事をご報告させて頂きます。

昨年の初夏に生後5日の我が子を病院まで迎えに行き、その日から三人家族になった我が家は幸せに溢れ、それと同時に命の重み、親への感謝、様々な感情、様々な感動を体感する毎日です。

我が子は、その小さな体ではまだ抱え切れないであろう運命を持って産まれてきました。
私たちは常に寄り添い、支え、共にその運命を乗り越えて行く覚悟です。

今後とも私たち家族を温かく見守って頂けますよう、宜しくお願い致します。


千田真司
瀬奈じゅん

尚、この度の報告についての詳細は、3月13日(火)発売の「婦人公論」(中央公論新社)にて、瀬奈じゅんのインタビューが掲載予定です。