浜辺美波 映画『となりの怪物くん』初日舞台挨拶に登壇!

2018.04.27

写真1

4月27日(金)に、映画『となりの怪物くん』初日舞台挨拶がTOHOシネマズ 日比谷にて開催され、本作に出演する浜辺美波が登壇いたしました!

本作は、全13巻の累計発行部数が610万部を突破している同名原作コミックスの実写映画化。恋や友情など何もかもが“初めて”同士の《吉田春》《水谷雫》のふたりを中心に、まっすぐだけど不器用な登場人物たちが織りなす繊細なヒューマンドラマとなっています。
浜辺は、菅田将暉さん演じる《吉田春》に恋する《大島千づる》役を演じています。

この日行われた舞台挨拶では、菅田将暉さん・土屋太鳳さん・古川雄輝さん・山田裕貴さん・池田エライザさん・速水もこみちさん・月川翔監督とともに登壇!
サプライズで客席通路を通ってキャストが登場すると、集まったファンからは大歓声が沸き起こり、会場は一気にヒートアップ!
浜辺は冒頭で、「もともと原作を読んでいて、世界観やキャラクターがすごく好きだったので、完成したものを観たとき、ファンとして心が躍ったことを覚えています」と挨拶。

また、“初めて”をテーマにした本作にちなみ、自身の“初めて経験したいこと”を宣言することに。浜辺は、「“全力バレーボール”がしたい!」と高らかに宣言。理由を問われると、「全力でスポーツをしたことがなくて、毎回ちょっとスカしちゃうんです。高校生活最後の1年で、『はい!こっちボールきて!!』って全力で1回だけやってみたい」と話すと、「部活入ったらいいんじゃない?」と提案する菅田さんに、「そこまで気合は入れず、1回だけがいいです」と返すと、会場は笑いに包まれました。

映画『となりの怪物くん』は、全国にて絶賛公開中です!
大型連休のゴールデンウィークを機会に、ぜひ劇場でご覧ください!!

(2018/4/27)

写真2