高嶋政伸 映画『ラプラスの魔女』公開記念舞台挨拶に登壇!

2018.05.04

写真1


5月4日(金)、TOHOシネマズ日比谷にて、映画『ラプラスの魔女』の公開記念舞台挨拶が行われ、本作に出演する高嶋政伸が登壇いたしました!

本作は、2015年に東野圭吾さんが執筆30周年を機に発表した同名小説の実写映画化で、鬼才・三池崇史監督がメガホンを取った注目作!
立証不可能な事件を調査する地球化学教授に、4年ぶりの映画単独主演となる櫻井翔さん、未来を予見する女に広瀬すずさん、そして失踪した謎の青年に福士蒼汰さん、その他超豪華俳優陣が集結した、驚きと衝撃のサスペンスとなっています。
高嶋は、青江修介(櫻井翔さん)・羽原円華(広瀬すずさん)を追跡する、《武尾徹》役を演じています。

この日初日を迎えた公開記念舞台挨拶では、櫻井翔さん・広瀬すずさん・福士蒼汰さん・玉木宏さん・三池崇史監督とともに登壇!
はじめに、高嶋は「こうして初日を迎えて皆さんとお会いできて嬉しく思います。この映画は、実は2回目からもっと面白くなります。3回4回観るとさらに面白くなります。どうか最低10回くらい観てください」と挨拶し会場の笑いを誘いました。
この作品でご一緒したことをきっかけに、櫻井翔さんとメル友になったようで、「櫻井さんは、世界遺産の場所とかいろいろご存知で、メールで教えてくれるので、それがいつも楽しみで…」と話すと会場からは歓声が沸き起こりました。
そして、作品のテーマにちなんで、予知能力があったら何をしたいか問われると、高嶋は「3億円ジャンボを予知して、第2弾の製作費にあてたいです」と高らかに宣言!笑いが隠せない三池監督から「番号を予知できても手に入れるのは大変だよ」と突っ込まれると、「店も予知します」と負けじと応戦。
最後まで和やかな雰囲気での舞台挨拶となりました。

映画『ラプラスの魔女』は、本日5月4日(金)より全国にて絶賛公開中です!
ぜひ劇場でご覧ください!!

(2018/5/4)

写真2